カナダ入国規制緩和:国境再開について(続報)

こんにちは。バンクーバーは、だんだんと秋の気配が色濃くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今回は、前回の記事に引き続き、入国規制緩和に関する最新情報をお届けします。

ワクチン接種者への国境再開、アップデート

2021年9月7日より、カナダは日本を含む世界各国からの渡航者に対し、ワクチン接種者の受け入れを再開しました。

また今回の緩和に伴い、ワーキングホリデープログラム申請時に必要であったジョブオファーの提出が不要となりました。ただし、ワーキングホリデープログラムでカナダへ渡航する際、ワクチン未接種者である場合には、引き続きジョブオファーが必要です。また、ワクチン未接種者は14日間の自主隔離後すぐに働くことが可能だという証明が必要となりますので、渡航時はジョブオファーに記載されている就労開始日を再度ご確認ください。

ワーキングホリデープログラムに関する詳細はこちらの記事もご参考ください。

また申請条件は、こちらのリンク↓から確認できます。

https://www.cic.gc.ca/english/work/iec/eligibility.asp?country=jp&cat=wh&#country_category_name_cont

備考:

通常時、空港での直接申請が可能な就労許可証等の手続きは、現状アメリカ経由の渡航者のみ可能となっています。基本的にはオンラインにて事前申請することを推奨されていますので、渡航の際はご注意ください。

ワクチン接種者への入国措置、アップデート

2021年9月7日より、以下の条件を満たすワクチン接種者は、観光などの不要不急の目的であっても、カナダに入国できるようになりました。

  • 入国14日前までに、カナダ政府が承認するワクチンを接種している (注1)
  • 渡航前に受けたPCR検査の結果を持っている(注2)
  • コロナの症状がない
  • ArriveCAN に渡航に関する情報と、ワクチン接種を証明する書類(英語またはフランス語)を提出する
  • 到着時にPCR検査を求められた場合は、要求に応じる

(注1) カナダ政府が承認しているワクチンは全4種類:ファイザー / モデルナ / アストラゼネカ / ジョンソン&ジョンソン

(注2) 空路の場合:渡航72時間前以内に受けた結果が陰性である/ 陸路の場合:入国72時間前以内に受けた結果が陰性である / 過去に感染したことがある場合:渡航14 -180日前に受けた検査結果が陽性である

入国条件の詳細は下記、移民局ウェブサイトをご確認下さい。

https://travel.gc.ca/travel-covid/travel-restrictions/covid-vaccinated-travellers-entering-canada?utm_campaign=cbsa-asfc-covid19-21-22&utm_source=news&utm_medium=pog&utm_content=exemptions_aug21_en50

===

まだまだコロナ禍ではありますが、ようやく世界各国からのワクチン接種者がカナダへ入国できるようになりました。

また、これからワーキングホリデーを考えている方にとっては嬉しいニュースも発表されましたね。もし申請にご興味のある方は、こちらのフォームからお問い合わせ下さい。

その他、渡航に関するサポートやアドバイスが必要な方はこちらからお気軽にご連絡ください。

“You are one step closer to Canada!”

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です